「赤穂浪士・四十七士の討ち入り」は忠義の仇討ち? その真実は!

2013−12−14


12月14日(元禄12月14日で、実際は1703年1月30日)は『赤穂浪士討ち入り』の日ということで、毎年、決まって年末になると、テレビで様々な『忠臣蔵』を題材にした時代劇の特番が放送されてきましたよね。

しかし、長年、赤穂浪士討ち入りの目的とされてきた、切腹を命じられた君主「浅田長矩(ながのり)」の無念を晴らすための仇討ちというのは、実は、その本当の目的ではなかったのです。つまり、忠臣蔵のストーリーは、アングロサクソン王族たちに捏造された歴史だったのです。

その真実の歴史とは、すでに3代目徳川家光(母親がアングロサクソン王族)の時からアングロサクソン王族サタニストたちに乗っ取られていた徳川幕府将軍家(訂正:岡崎城の城主だった松平家康が「本能寺の変」で急遽帰郷中の「伊賀越え」でアイゼンベルグ=明智光秀たちに殺害され、アイゼンベルグが松平家康になりすまし岡崎城に帰って藩主に収まり、後に徳川家康と名乗ったのでした。しかし、嫡男で徳川将軍二代目の秀忠は本物の松平家康の子だったようです。)と、やはり、アングロサクソン王族の浅野家が藩主だった赤穂藩が結託して仕組んだ『吉良家』失脚のための陰謀だったのです。というのも、吉良家は徳川幕府にとって重要な平家(人間の王族・武士)系の家臣の家柄で、非常に格式高い旗本高家筆頭だったからです。

つまり、松平家康に成りすましたアイゼンベルグ=明智光秀(=おそらく、ハトホルのクローン子孫であるけれども、ハトホルは自分の父親と信じ込ませて、自分の親衛隊長にしている)は、徳川幕府においては平家系の藩を弱体化させ、廃藩などに追い込もうと様々に画策していたのです。もちろん、徳川家(=もともとは松平家)は平家系の名家として諸藩は信じているわけですから、そのような陰謀を幕府が行っているとは表面上はおくびにも出さなかった事でしょう。(2017.03.06)

それに、「忠臣蔵」* とは、元々(もともと)『元禄赤穂事件』**の翌年以降、これを題材にした歌舞伎や文楽がさかんに上演されたということで、事実からかなりかけ離れて脚色してあるもののようです。要するに、源氏系(=アングロサクソン王族たち)の吉良上野介を貶(おとし)める意図を大いに汲(く)んだ脚色となって世に広められていったのです。

* 忠臣蔵 wikipedia

** 元禄赤穂事件 wikipedia

吉良の屋敷替えが幕府によりなされています。これも赤穂浪士たちの仇討ち(テロ)に備えていたのでしょうか???(答えは後の記述に)

江戸城中で浅野長矩がしょうもない理由で吉良上野介にきりかかって、お家断絶は当然の処置なのに… - Yahoo!知恵袋

浅野長矩は暴君で好色だった?

女好きの暴君だったという浅野長矩の墓:Discover the 「風雅のブリキ缶」

浅野長矩刃傷事件

★★★ 浅野長矩が本当に切腹したのかは大いに疑問です。フリーメーソン・イルミナティの計画のもと、将軍家と結託して起した事件なら、切腹したことにして逃(のが)し、他の地で安泰(あんたい)に暮らしていたものと推察されます。ドラキュラだとすれば、まだ生きているかも?

浅野長矩 イラスト
ジョゼッペかもしれません。アルバート公は孫正義(ジョゼッペ)の代理で、元々のジョゼッペの顔(たらこ唇)に似るように強要されているのでしょう。

浅野長矩 wikipedia
孫正義 画像集
上の2つのサイトを比べると、

★★★ やはり、浅野長矩=孫正義でした〜!

ドラキュラ・ダイオウイカたちがハゲだから、アングロサクソン王族の公家や武士がこういうチョンマゲを部下に強要し広めさせたのかも〜?ネ?!

三次義士祭が行われた、三次市にある寺の名前は? - 通じゃのう

ちなみに、わたしが愛知県婦人警察官をしていた時に、警察学校で仲良していたのが同期の黒田さんなのですが(黒田家もアングロサクソン王族)。。。なんと〜浅野さんという男性警察官と結婚されてます〜!彼女と親しかった他の同期が「浅野さんって由緒ある家柄なんだって」とか言ってましたからね〜。最近、彼女も、そのご主人もアングロサクソン王族らしい分ってとビックリしています〜!

★★★ 浅野長矩は親戚の広島浅野家で切腹を命ぜられたのですから、やはり、切腹せず逃れた可能性大です。

浅野長矩 関連画像集

なぜかアングロサクソン王族たちのお墓は(古墳を含め)みな立派で今も手入れが行き届いていますよね〜!だって、当人がまだ生きていて世の中を支配しているんですもの〜、当たり前だのクラッカー!(^^;タラ〜

★★★ それから、47士だって、切腹させられたことになっているものの、幕府自体が共謀者だとすれば、切腹なんぞしているものか!ですよね〜 きっと、インチキインチキ!の自作自演の三文芝居!!!

赤穂浪士はなぜ、討ち入りに対し死者を出さずに済んだのか。- Yahoo!知恵袋

吉良邸の詳細な地図を入手していたということは、家臣や女中などの使用人の中にスパイを潜入させていたのでしょう。非常に計画的なテロ行為ですよね〜!

「四谷怪談」の お岩さんの 夫 伊右衛門さんとは 「忠臣蔵」 の 赤穂浪士 四十七士… - Yahoo!知恵袋

アングロサクソン王族系「赤穂浪士」たちの質(たち)の悪さが分るような例ですね〜!

吉良上野介の子孫って現代でもいるのですか、また氏名は吉良さんですか。- Yahoo!知恵袋

赤穂浪士の討入り(1702)

吉良義央(16411702) wikipedia

親王任国 wikipedia

吉良上野介の上野介は、『上野国』(こうずけのくに、かみつけぬのくに。群馬県)の大守に任じられていることを現しています。吉良上野介を殺害した赤穂浪士と、その原因を作った浅野内匠頭がなぜか上野国(群馬県)の前橋市*にアルバート邸**を建築しているし、それ以前から上野国に深い関係があるようです。

ということは、吉良家断絶の後、上野国の大守となったのは
アルバート公(←訂正:ジョゼッペか、そのクローン子孫)なのかも?もちろん、別名を名乗っていたことでしょうけれど。

* 群馬県 - 上野国府跡(こうずけこくふあと)
上野国は、武士の本場なのですか?- Yahoo!知恵袋

大前田英五郎 画像集
大前田英五郎 wikipedia
上のサイトのさまざまな写真を見ると、やはり、江戸末期から上野国を手始めに関東一円に名を馳せたヤクザの親分「大前田英五郎」はジョゼッペです!やはり、上野国にいたんですね〜!ということは、上野国の大守とヤクザの親分との二足の草鞋(わらじ)を履(は)いていたってことですね〜!(実のところ、何十足か、いえいえ、何万足もの草鞋(わらじ)を履いているのかもね?だって、外国でも活躍してるし)

現在のジョゼッペ=ジュリー・アンドリュース=今上天皇『明仁』のようですが、おそらく、ずっとずっと前のジョゼッペでしょう!

股旅舞踊「大前田英五郎」
上州(じょうしゅう)=群馬県 ジョゼッペが自画自賛で作ったか、作らせた歌と踊りのような。。。『火の玉小僧』(梶、火事、鍛冶ね!タタール人=コウモリ系ネ、まさかヒロシマ型原爆 LITTLE BOY?)とかいうあだ名もあったとかって自慢?!ま〜たくぅ〜 呆れちゃったわ @o@;
"上州屋??、そち ほんに悪(ワル)よの〜!今年もプレゼントはなしじゃ、ワッハッハ〜" < ?? FATHER CHRISTMAS(サンタクロース=サタン・クローズよりこの言い方のほうがいいわね?!)

本名は田島姓であり、田島陽子(=マリー・フォン・プロイセン=バイエルン王フリードリヒ2世の母=服部美子・偽叔母さん=幼稚)は象二郎系のようです。また、私の婦人警察官時代の同期で山田さんという意地悪な女の子も田嶋陽子=美子叔母さんだったようです。さらに
声が仁摩ルーテル教会の松本さん=松平信子(秩父宮妃・勢津子の母)=英国の語学学校にいた前田信子さんと同じようだと気がつきました。気性の激しさもなんか、みな似ているようです。ただし、美子叔母さんの時だけは比較的温厚な感じで猫をかぶっていたみたいですが、時に、他の人にビックリするような酷い言葉を発してわたしをギョギョッとさせたことが2回くらいありました。


このブログ内の関連記事:
サクス・コーブルグ・ゴータ家と伏見見宮家

大前田英五郎(カラオケより)
こんな紳士的なフィクサー(交渉人)じゃありませんゼ!!!この歌、自分を相当美化してますゼェ〜


**アルバート邸 本邸
このブログ内の関連記事:
東伏見慈洽=社民党:照屋寛徳=共産党:赤嶺政賢=尾張徳川:徳川義親 =アルバート公=日航123便撃墜犯 2




<< 悪人とされてきた吉良上野介の真実の姿 >>

吉良町観光協会ホームページ吉良上野介義央(きらこうずのすけ・よしなか)

***赤穂藩の藩主「浅野長矩」が暴君で精神的疾患があったのと反対に、吉良上野助は実は民に慕われていた名君だったようです〜!!!

?? 忠臣蔵がいかにデタラメだったか分りました〜!#_# バッチリ目覚めましたよ〜

吉良上野介義央(きらこうずけのすけ・よしなか/よしひさ)-不運の吉良家名君- 

名門吉良家の吉良上野介義央と吉良左兵衛義周の生涯

★ 赤穂浪士の討ち入りはかなり前から懸念されていて、なのに幕府は吉良邸に屋敷替えの命令まで出して、わざわざ討ち入りし易いような位置の屋敷に住み替えさせていたのです。だから、吉良義央は妻を妻の故郷に帰したのでしょう。

★★また、討ち入り後、吉良義央の後を継いでいた孫の義周(よしちか)は、重い処分を受け、蟄居(監禁状態)になったようです。1706年に21歳の若さで失意のうちに病没しました。


★★★ つまり、結果的に、この赤穂浪士討ち入り(赤穂浪人のテロ)により、江戸幕府の名門だった吉良家(ヤハウェ王族)は断絶させられてしまったのです!!!

なんと恐るべし!アングロサクソン王族??????の深慮遠謀*なる策略よ〜!なのです。??????

* 深慮遠謀=深謀遠慮 - goo辞書
わたしは深慮遠謀のほうがなぜか聞き慣れているようでシックリきます。
"深謀遠慮"と"過ちを犯す原因"

?? でも、上杉家の子孫として、その血脈は受け継がれているそうです。良かった〜!ピンポ~ン・パン!! ?? ?? うれし涙。。。


 

[PR]
by Ulala-lov | 2013-12-14 05:09 | サタニストの攻撃 | Comments(0)