別添:秘密結社「八咫烏(やたがらす)・秦氏..... 」の怪しいサイト! (2)

(1のつづき)

日本の秘密結社 八咫烏・秦氏・賀茂氏・・・歴史のタブー編

・アフリカではポリオワクチンからエイズが広がった。
・ビル・ゲイツはエイズ予防といってアフリカに莫大なお金を寄付したけれど、彼は優生学の信奉者で人口削減するため。
・新型インフルエンザ・ワクチンはアジバンドという薬、男の子は精子ができなくなる。女の子は子供が産めなくなる。
・子宮頸癌ワクチンは、サーバリクスという薬品で、11〜14歳までの女の子に投与するつもり。完全永久不妊の薬。

こんなワクチンは打たないほうがいいですよ〜!

民主党も自民党もサタニストに地震やテロによって原発事故をまた起すと脅迫されているからですよ〜!しかし、他の党なら、もっと酷いことになりますよ〜!まあ、今の安倍政権は、早く交代してほしいのですが。。。


とにかく、警察も自衛隊も市民を守るものではなく、支配者の命令を聞くだけであるということ。
私たちが無関心でなく、指導者が誤った方向に進むのを止めなくては、警察、自衛隊、法律、国家、全ては支配者の側につき、私たちの最強の敵となるだろう。


"日本の弱腰" は、明治維新後、日本にサタニストたちが集中して滞在しているためですよ〜!

ヤハウェ王族のデイビッド・ロックフェラーは、サタニストたちからガンジガラメに脅迫されて仕方なく従っている操り人形というか、ダーティー・ハリー役です。ニック・ロックフェラーやジェイ・ロックフェラー(4世)のようなサクソン王族のロックフェラーが悪魔たちなのです。


・地震兵器は国際的にその存在を認められている兵器であるということ。

・ハイチなどの土人は絶滅させてもいいという考えにはちょっと〜??? @@;
これがサクソン王族たちの考えですか?


▼(おそらく、誕生)は特に悪いマークではありません。▲(おそらく、天に召される)なので、まあ、使い方に気をつけたほうが良いかも?これらは、元々は、ヤハウェ系のシンボルマークではないかと? 
ただ、サクソン王族・サタニストの「一つ目(ダイオウイカの目)」の『プロビデンスの目』のマークには要注意です。そして、アメリカのドル紙幣にあるピラミッドの頂点の近くにある「プロビデンスの目」(タコ・イカの悪の支配者の監視の目としての象徴)と、「ピラミッド」(こちらは元々は悪の象徴などではない)を見ると、まるで、イカの姿ようですよね。「一つ目」の上がイカの胴体の頂点のヒレ部分かで、「一つ目」の下がヒレの下の残りの胴体部分を象徴しているような。。。このウィンザー朝のシンボルカラーである『紺色』も深海の色を表現しているのかも?

しかし、エジプトのピラミドは元々はヤハウェ王族が造ったもので、そういうイカとか、階級制度とか、カルトとか、そのような意図で造られたものではないはずです。こちらの『水色』がヤハウェ系のシンボルカラーのような気がしますが、サクソン王族トップたちも、マネして"成りすまし" のために時々使ったりしていますので要注意です。それから、動画が言っているように、最近、別に△マーク増えてないとわたしは思うんですけど。。。

プロビデンスの目と未完成ピラミッドのデザイナー - 政府紙幣を考えるブログ
(Wikipediaやいろいろなブログには真実とウソがごちゃまぜに書いてありますので要注意です)

東京裁判では、日本やアメリカのサクソン王族、特に、アイゼンベルグやシバの女王たちにより、ほんとに悪いサクソン王族・トップたち(旧華族が非常に活躍していた)は恩赦されていますよ。東郷秀樹は、サタニストの下っ端か、そんなに悪い人じゃなかったので、第二次世界大戦の日本軍の罪を全部押しつけられてA級戦犯にされ処刑されたのかも?

広島を訪問した原発を開発し、原発投下直後の光景を撮影したというアグリュー(?)博士は、ジェイ・ロックフェラーやブッシュJr.元大統領やキッシンジャー元補佐官と顔が似ているような。。。それにしても、なんという冷血漢ぶり。。。

9.11の時、ブッシュJr.元大統領の弟「アービン・ブッシュ」は、セキュラコムというワールドセンタービルの警備会社と◎◎(聞き取れず)という保険会社の重役だった!!!

第二次世界大戦で、"激戦地に送られたり"、"特攻に入れられたり"、"シベリアに抑留されたり" して亡くなった(サクソン王族たちに殺された)兵士たちは、きっと意図に選ばれたヤハウェ系の人々だったのではないかという気がします。?? ?? ??

わたしは、『国立の慰霊碑』を造って、総理や閣僚や国会議員が8月15日に参拝したほうがいいと思うのですけれどね〜。「靖国神社」は第二次世界大戦の戦意高揚のためのシンボル(象徴)的な存在の神社だったのだとか。。。

台湾の統治はなぜかまあまあ良かったところもあったのかもしれませんけれども、うちの母は満州でにいた時、満州人が首を斬られて、線路沿いに首が吊るしてあったり、ちょっとしたことで関東軍の兵士が腹を立てて、満州人を斬り殺していたのを目の当たりにして、日本が戦争に負けたほうが良いと思ったそうです。父も母も同じような思いだったのか、「わたしたちは、満州人に酷いことはしなかったけれど、威張って、酷い事をしていた日本人たちの中には終戦になって、満州人に仕返しされたんだよ。だから、どんな時でも、他人に酷いことはしちゃダメだよ。」とか言ってました。しかし、日本が降伏すると、さんざん悪いことし放題だった関東軍(サタニスト・トップたちを含む)は、日本の民間人、満州開拓団などの農民を残したまま(だから中国に日本人残留孤児がたくさん)、さっさと日本に逃げ帰って行き無事だったんでしょうけれどね。ま〜ったく腹立たしいですね! ?? プン、プン!

まあ、しかし、現在の中国の「人権問題」もひどそうですから、ちゃんと改善してほしいですよね!

・中国の江沢民元国家主席は、自身の主席時代を振り返った著作の中で、日本に対して永遠に『歴史問題』を追求する書いていた。それは、日本は政治大国になれないと中国は決めつけ、中国のために、アメリカを使ったり、日本に圧力を加えるなどして、日本をコントロールするためであると。また、中国は、アジアの大国になり、世界の大国になると書いていた。

これも、共産主義国家「中国」が、サクソン王族サタニストの独裁-全体主義国家であり、サクソン王族サタニストたちの陰謀によるものですよ。とにかく、国同士の争いなんて止めた方がいいですよ!彼らサタニストたちの思う壷ですから。。。

・3.11東北大震災(2011年3月11日に発生)の前に、ロシアの潜水艦から奪った4発の核爆弾のうち、一発が朝鮮総連に持ち込まれ、それが2011年の1月に「地球丸」(10kmまで掘れる)に運び込まれ、この船が東北沖で穴を掘っていたことが分かっている。

・アメリカのブッシュ元大統領親子はカーライルグループのという軍産複合体の重役。アメリカの軍部がお金がないから、地震と津波と原発事故を起してお金をくれと言う。この3.11災害を起した責任者はジェイ・ロックフェラー。サタニストの会議「ビルダーバーグ会議」で計画する。

・これら大殺戮のための人工災害は、国際マフェアたちが起しているが、彼らはカバラ信奉者なので、117阪神大震災、911米国同時多発テロ、311東日本大震災。これで利益を得るのはサクソン王族サタニスト・トップたちが経営する石油会社。

・石油、原発がなくても、他のエネルギーで十分やっていける。けれども、サタニストたちが邪魔をしている。


[13]
「大衆は小さなウソはつくが大きなウソはつけない!」
「多人数でウソをつくと大衆は信じる!」
(サクソン王族サタニストの言葉)


ヒットラーは、ロックフェラーと◎◎?が支援していた。ナチスはシオニストでもある。ドイツ人と称する隠れスファラディム・ユダヤ人。

・ガス室で死んだ人はゼロ人。ユダヤ人は虐殺されていない。ユダヤ人が死んだ理由は発疹チフスのせい。(大ウソ!)

・「南京大虐殺」でも誰も関東軍に殺されていない!(大ウソ!)

ヒットラーの父親は、ウィーンのロスチャイルド男爵の息子のアロエスの子であり、ロスチャイルドの孫?(これも大ウソ!
ウィーンのロスチャイルド家は、1800年頃に英国に亡命している。ジョゼッペは、脳が移植により、トロツキーや甘粕正彦、ケネディになり、彼らがヒトラーに変装していたと私は推察しています。(ジョゼッペの多角的な大いなる野望のため短期間に3人の人物に脳移植で入れ変わったので、ヒトラーという変装人物の期間は、彼ら3人が重複しているようです)

「ウソも百回言えば本当になる。」〜ゲッペルス(ジョゼッペ or アイゼンベルグ)〜イタリアのムッソリーニのファシズムの論客だった

[14]
・遠隔操作の機体が世界貿易センターに突っ込んだのは本当です!(だから、この動画で言っていることは大ウソ!)あの当時に、テレビで消防隊の隊長などの消火活動の証言を聞きましたから。しかし、3つのビルの崩壊の主たる原因は内部に仕掛けられた無数の爆破装置だったことは確かです。

・真珠湾攻撃は、日本の海軍(ウソ!海軍は反対だった。陸軍が「大日本帝国軍」(旧日本軍)全体を操っていた)とアメリカが結びついていた。これをやっているのは欧米の王族たち。(サクソン王族たちだけですよ〜!)彼らは悪魔だ。どうせ神様がいないのら、自分たちが神様になろうじゃないかという理屈。

(自分たちサクソン王族純血種=サタニスト・トップは1%だけれども、)戦争で人類の9割が亡くなる。残った1割は奴隷になり、家畜民族にする。悪魔教信者の世界にする。

[15]
『カダフィは人工衛星を持とうとしていた。カダフィはリビア、アフリカのために命をかけた。カダフィはAMF銀行を創ろうとしていた。世界銀行が必要なくなる。中央アフリカ銀行はヨーロッパの銀行の参加を許さない。アフリカ独自の銀行も創ろうとしていた。アフリカで誰もなし得なかったことをカダフィ大佐はしようとしていた!西洋がしたことはアフリカを分断することだ。2番目にしたことが教育を受けさせないこと。エジプト、チュニジアで起きた変革をリビアにもあてはめてでっち上げた。カダフィはアフリカの独立のためにお金をつぎ込んでいたのです。これらの妨害はオバマがやっていることだ!』

上の『』内の発言は、みんなウソ!大声でやみくもに叫べば、何でも真実になる、ダマせるってわけじゃないですよ〜!

テロリストは、戦争好きな一部の欧米人、っていうか、日本にも、中国にも。。。世界中にいる "サクソン王族(特に純血種の)サタニスト" たちです!!!

このリビアのカダフィ大佐に関する動画は、カダフィをあまりにも英雄に見せようと、かなり大げさな演出をしているので、返って怪しく感じます。それに、リビアは、昔からサクソン王族と深い関係にある国ですし。。。チャベス元大統領のこの発言は、成りすましの誰かがしゃべっているのかも?チャベス元大統領は、最近亡くなる以前には、病気のためキューバで入院治療していたのでは?チャベス元大統領は最近亡くなっていますから、" 死人に口なし!" をいいことに、サタニスト・トップたちは自分たちの雇った役者にサタニストに都合の良いことを言わせているのでは?!


また、ロスチャイルド銀行は、1860年代からアイゼンベルグやジョゼッペや新生ヴィーナスやエリザベス女王たちに乗っ取られています。このビデオ自体が、サクソン王族サタニストたちが、本物のロスチャイルドなどヤハウェ王族たちをワナに貶(おとし)めるためのものではないでしょうか?つまり、すでに数少なくなっているヤハウェ王族たちにサクソン王族サタニストの罪をなすり付けて、ヤハウェ王族に対して大衆が敵意を抱くようにするための悪意に満ちた策略ビデオのようです。

実際、本当のことを巧みに入れて見る人を信じさせ、最後に彼らが信じさせたいウソをちょこっとずつ散りばめて、ダマすのがこのビデオの狙いのようです。

・日本の関東軍や陸軍や海軍の一部なども確かに悪魔のような人たちがいたことは確かですし、あの大東亜戦争、第二次世界大戦が日本の暴走する軍部(サクソン王族サタニストたちに操られていた)のアジア諸国への「侵略戦争」だったことは間違いありません。

・ラムズフェルド元国防長官はサタニストたちに完全に操られていたダーティー・ハリー役だった人です。アフガン戦争、イラク戦争などは彼には責任はないようです。

このプログにあるたくさんのリンク先の動画も、ブログも真実を暴いたビデオを組み込んで大衆を取り込もうとしています。たとえば、「こうこう、こういうことでみなさんは騙されているんですよ!」と自分たちサクソン王族の手の内を少し明かせば、真実味がありますから、大衆は信用するのです。しかし、すべての動画の、どこかに必ずウソが組み込まれています。そして、そのウソ部分こそがかなり重要なところであり、サタニストたちが大衆に信じ込ませたい"重要なウソ" なのです。

サタニストの顔がたくさん紹介されていますが、登場していないのは、本物のエリザベス女王(=ジュリア・ロバーツ)や、新生ヴィーナス(=梶美奈子)や、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズ(岡本英子元議員)や、アイゼンベルグ(喜多文磨=三国連太郎=三船敏郎などなど)や、ジョゼッペ(=白川元日銀総裁、勝俣元東電会長、ガイトナー元財務長官、松任谷正隆、山根光◎、最新版はラルク・アン・シエルのハイドなど)や、象二郎(=藤井裕久議員)や、トヨタの元会長の奥田碩や、豊田章一郎(=大谷先生)や、東伏見慈洽(=瀬島龍三)や、伏見宮博恭王(=若宮貞夫)、徳川義親(よしちか、尾張徳川19大当主)や、山田教育長(フジテレビ・グループの総帥か?)や、藤田まこと(島根県の藤間家の先代当主)、柏木みのる、田部陽子、亡くなった森光子や、元祖モーニング娘の矢口真里や、植松恵美子議員や、つちや品子議員(=女優の田中裕子)などです!

伏見宮博明王
伏見宮博明王 あのひと検索スパイシー
伏見宮博明王 肖像画
山口組はロックフェラーの下請けだった:BenjaminFulford

◎「日本文明のルーツ 四国 古事記」

イスラエル12氏族のうち、北イスラエルの10氏族はヤハウェ系、南ユダ王国の2氏族がサクソン系でした。ですから、北イスラエルのヤハウェ系は、B.C.7C頃に南ユダ王国(シバの女王)と手を組んだ、新アッシリア帝国の「スレイマーン」(-あの有名な『ソロモン王』)に征服され、北イスラエルの10氏族は、西、東に離散します。

しかし、後に、「南ユダ王国」のスファラディム・ユダヤ(サクソン系)も、B.C6C頃に「新バビロニア」に倒されたり、A.D.1Cにローマ帝国の属国になるなどして、徐々に離散していったのです。


秦氏は、バイカル湖周辺から南下したブリヤード系の匈奴の一派でしょう。これも、サクソン王族の一派です。ですから、中国の秦は、B.C.778~206までの長い王朝です。しかし、B.C.221に中国北部を統一し、その時の始皇帝は象二郎のような恰幅の良い王ですので、B.C.3C頃にペルシャ(ササン朝ペルシャ)からアイゼンベルグやジョゼッペや象二郎やシバの女王たちが、中国南部にいたサクソン系の忌部氏(三木氏)を取り込み、中国のサクソン系王朝である秦にやってきたので、統一することができたのでしょう。

そして、秦の始皇帝は、B.C.200年頃に『徐福船団』を日本に送っていますから、その頃から、すでに、日本征服も視野に入っていたということでしょう。そして、四国の徳島にやってきたのも、おそらく、徐福船団によるサクソン軍団の人たちです。最初に、高知県にやってきて、後に徳島にも進出したのでしょう。あの天狗の長い鼻は、象の遺伝子が入っていることを象徴しているのかもしれません。象二郎の名前とも一致しますし、アメリカの共和党のシンボルは象です。

徐福船団 - 日本の古代を探る
天狗
徳島の伝説 l 阿波ナビ
「忌部氏」とは何者か?

◎「日本のミステリー!日本のルーツは古代イルラエル?」「ヘブル語と日本語の共通点」

・日本語のカタカナと古代ヘブル語がよく似ている。また、「あなた」が「あた」とか、よく似た発音で同じ意味の言葉がたくさんある。

「ソーラン節」は、北海道から伝わった歌なので、おそらく、B.C.5~3000年位前に、最初にヤハウェ系がメソポタミアからアジア大陸を横断してウラジオストク~サハリン~北海道あたりから日本に入って来た蝦夷(えみし)族の歌であると考えられます。ですから、イスラエルの失われた10氏族が離散するずっと前に、ヤハウェ系は日本にやって来ていたということです。そして、失われた10氏族の一部で東に進んだ部族たち(西に進んだ部族もいた)は、アジアの南方周りで日本にやって来て、インドの月氏のクシャーナ王朝~中国の漢王朝、朝鮮半島の新羅を経て、日本には島根県大田市の五十猛あたりから、石見地方に入っていき、蘇我(そが)氏となり、蝦夷族や熊襲族と合流して、飛鳥地方(現在の奈良県)に「元祖大和朝廷」を築いていたということでしょう。

「木島神社」という名前は、木島は「桃太郎」伝説にでてくるキジに例えられる一族のことで、「木島」というサクソン王族の一族の名前に由来しています。桃太郎は象二郎のことで、サルはジョゼッペのこと、犬は「犬養」という姓のアイゼンベルグのことです。「きびだんご」を食べると力が百倍、千倍になるというのは麻薬が含まれていたからでしょう。わたしの故郷の仁万にも木島姓は多いです。

とにかく、吉備の国(岡山・広島東部地方)の"温羅"(=浦、ウラ、ウル)というのは、B.C.5000年頃にメソポタミア〜中国〜ウラジオストック〜北海道南部、東北地方に渡来したヤハウェ王族の王のことです。九州から卑弥呼やアイゼンベルグたちサクソン軍団が東征し、対岸の四国側から女木島などを経て吉備国の城主「温羅」の広大な領地に攻め入り、大勢の民を惨殺し、"釜湯(かまゆ)で"して食べた鬼たちの一族です。嘘のでっちあげ伝説の記述内容から推察すると、城主の温羅も、残酷な拷問にあって、結局、最後にはサクソン王族たちが犬たちに温羅を襲わせて、食べさせたとかっていうことらしいです。この城が「鬼ノ城」と呼ばれるようになったのは、象二郎(磐余彦命イワレヒコノミコト=桃太郎)*たちサクソン軍団が温羅の城を征服した後に、城主となった中島氏(=おそらく木島氏のこと)が人々を苦しめたからでしょう。
*なぜ、いつも象二郎が大将として持ち上げられるかというと、おそらく、アイゼンベルグと「新生ヴィーナス」(卑弥呼)との息子だからと思われます。ジョゼッペの息子というのはダマしだったのでしょう。

うらじゃ振興会オフィシャルサイト
(温羅は百済からやって来たのではありません。真実は、「鬼」の象二郎=磐余彦が、百済からやってきた百済のサクソン王族の王子だったのです。)


◎天皇家とエタは同じユダヤの神を崇めるユダヤ人

・そもそも、天皇家は万世一系と言われているけれど、ヤハウェ王とサクソン王とがちょくちょく交代しています。
・桓武天皇(カンムは蝦夷族の王)はヤハウェ系ですので、蝦夷族を征伐するわけないでしょう!

エタ(穢多)の語源 - 波打ち際の考察

このビデオは、スファラディム・ユダヤとアシュケナジム・ユダヤをひとつの単なるユダヤとして、ごちゃまぜにして話しています。

・徐福船団(サクソン軍団)は、日本全国各地に上陸し、先住民のヤハウェ系を虐殺したり、奴隷にしたりしながら村々を征服していったのでしょう。

このビデオも、なんだかいい加減なことを言っているようです。

(つづく)

*コメント欄も見てくださいネ!
[PR]
Commented by 童謡は好きだが怖いのあるゾ! at 2013-05-12 14:45 x
前から、「かごめかごめ」の歌って、本当は怖い歌って聞いてたけどな。元歌はこうだ。しかし、「ツル、カメ」は明治維新後に加えられたとか。

かごめ、かごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる
夜明けの晩に ツルとカメが滑った
後の正面 誰?

ちょっ〜と調べて、よ〜く考えたら、サクソン・サタニストたちの作ったホントに怖〜い歌って分かったゾ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/かごめかごめ

上のウィキから、オイラが推理した真実はこうだ!
・籠(かご)に閉じ込められた鳥(鷹タカは蘇我氏の象徴、鶴ツルは蝦夷族の象徴)のこと。
・籠目は六芒星の形でヤハウェの象徴図形と同じ。
・「いついつ出やる」は、「いつ出ることができる?出れないだろう?」と、はやし立て、からかっているゾ!
Commented by 童謡は好きだけど怖いのあるゾ! at 2013-05-12 15:06 x
・「夜明けの晩に」は、"夜明け"、つまり、サクソン軍団を打ち負かし、ヤハウェ系が勝利した"その晩に"(つまり、"すぐ後に" )、
・「ツルとカメが滑った」は、ツルは先ほど言ったように蝦夷族で、すると、カメは、九州、沖縄などの熊襲族のことか?蘇我氏(純血種)は、乙巳の乱で全滅したと考えられていたからか。とにかく、ヤハウェ系が「滑った」とは「負けた」ということ。
・「後の正面 だ〜れ?」とは、味方のふりして、実は、背後で画策していた人(裏切った「サクソン王族」*や、*と「ヤハウェ王族」との混血種など)は誰か当ててごらん?」みたいな皮肉だゾ! 

それから、サクソン軍団の侵略戦争(桃太郎の侵略、神武天皇の東征、源平合戦、戊辰戦争など)で負けたヤハウェ系側の多くの女性たちは吉原のような所へ娼婦として売られたんじゃないか?京都のお茶屋の舞子さんになったのは、ヤハウェ王族の娘たちでまだましのほうだったのかもな?サクソン王族サタニストたちは、どえりゃあ〜ひでえことしやがる!
Commented by dwarf1 at 2013-05-13 00:42 x
ふ〜ん、そない意味やったんか?そんで、わてが思うには、「後の正面」ってな、闘う時、両方の軍団が向かいあうやろ、そん時にヤハウェ王族の大将の"背後にいる味方の軍の中にいる将校クラスの誰かで、"正面にいる敵軍"のサクソン軍団に通じているサクソンのスパイがいて、ヤハウェ軍団の様子をサクソン軍団に報告しているんや。ほんで、勝った思うてたヤハウェ軍団が油断してる時に、サクソン軍団が一気に攻めて勝利したいうことやで。つまり、後の味方の軍にいる奴やけど、正面にいる敵軍のスパイちゅうことやないか?
Commented by Ulala-lov at 2013-05-22 05:17
本文の中で、「◎日本文明のルーツ 四国 古事記」のすぐ上の紺字のところで、ジョゼッペ(=白川日銀総裁、勝俣元東電会長、バーナンキ元財務長官)と書いていましたが、わたしの"うっかりミス" で、バーナンキ元財務長官ではなく、『ガイトナー元財務長官』の間違いです。(本文はすでに訂正済み)

おそらく、バーナンキFRB議長はヤハウェ王族で、ガイトナーに操られていたダーティー・ハリー役の人でしょう。

22日のバーナンキFRB議長の証言に注目 l マネーニュース
http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPTK068007920130520
http://ja.wikipedia.org/wiki/ベン・バーナンキ
どうなる日経平均?カギ握るバーナンキ議長
http://toyokeizai.net/articles/-/14029
Commented by mulberry p at 2014-10-19 02:54 x
What's up to every , for the reason that I am in fact eager of reading this webpage’s post to be updated on a regular basis. It consists of nice information.
mulberry purses&wallet http://www.christinemirette.co.uk/talks.asp
by Ulala-lov | 2013-05-06 14:35 | サタニストの攻撃 | Comments(5)