なぜ裁判官は再審を拒むのか?

下のサイトの動画のほぼ終わりのほうの場面で提起されている問題です。

ゼネコン救済のための事業
動画

<近頃、再審請求のあった2つの事件が2つとも " 再審棄却 " に!>

(ビデオの中で言われている言葉は青字です)

◎福井事件(名古屋高裁)1986年、福井県の女子中学生が50数回刺されて殺害 前川容疑者が逮捕 懲役7年確定 2011年に再審決定。しかし、名古屋高裁が異議申し立てをし、再審棄却となる。この事件の目撃者は、ヤクザで覚せい剤の罪で逮捕されていたが、前川さんを目撃したと証言すれば無実にしてあげると言われて証言したということです。

福井女子中学生殺人事件

福井女子中学生殺人事件「失った時間は返ってこない。どうしてくれるのか」

犯人として刑期を終えた前川さんて、なんと眉が八の字ですよ〜!オオカミ系ですよ〜!
それに、事件現場で採取された犯人と思われる髪の毛のうち2本は前川さんのものと判明したのなら、前川さんの他にも複数の犯人がいたということなのでは?とすると、前川さんだけに罪を押し付けて、他の犯人を助けるために、他の犯人の親(暴力団関係者がいるのかも?)か、イルミナティのボスなどが裁判所を操っているのでは?

ということは、前川さんの目撃証言をしたという5人の知人男性って何だか怪しくありませんか?この人たちが前川さんと一緒にシンナーか、麻薬などを吸っていて、だから、猟奇的な、非常に残虐な方法で被害者の女子中学生を殺したのはないでしょうか?

福井女子中学生殺人事件:再審請求の経過と現状

福井のニュース 特集・福井女子中学生殺人事件過去記事:福井新聞

再審請求の可否を30日に決定 福井女子中学生殺人事件

犯人とされる前川さんの父親の写真を見ると、父親は八の字眉ではなく、特徴としては目が非常に細いです(ツングース系でしょうか?)。とすると、前川さんの母親が八の字眉のオオカミ系ということでしょうか?


◎大崎事件(鹿児島)81年に決定 最高裁で結審、鹿児島地裁が再審請求、2004年、福岡高裁が再審棄却
原口アヤ子さんが主犯として逮捕
共犯者が2人殺された。
弁護側の請求をすべて却下している。


大崎事件

大崎事件(鹿児島)

犯人とされ、刑期を終えた「原口アヤ子」さんって、すごい八の字眉ですね〜!オオカミ系の濃ゆ〜い血が流れているんでしょうかね?鼻の形もタコ系っぽいかな?もし、この女性がほんとうに主犯で、親族の共犯者たちが後に次々と殺されたというのなら。。。第3の男か女がこの事件を裏で操っていて、この女性が無実を勝ち取るために、再審裁判の邪魔になるので共犯者たちを殺したということでしょうか?無罪を勝ち取れば、保険金も入るし。。。

冤罪ファイルその8 「大崎事件」:「 href="http://blog.livedoor.jp/aritouch/archives/3889624.html" target="_blank">蟷螂の斧となろうとも」by 元外資系証券マン

しかし、保険には保険外交員の度重なる勧誘によるものだったとはいえ、それはサクソン王族などの第3の男か女(原口さんと親しい人かも?)が手回し良く、勧誘させたのでは。。。だから、受取人が原口さんになっているのもちょっと変で、原口さんが共犯者の可能性も否定できないような?だって、被害者の中村家4男の中村邦夫さんも、結婚していなくて、親が健在なら、普通なら"親を保険金の受取人にする"でしょうに。そして、母親のチリさんは2002年に亡くなられたそうですから、当時は健在だったということで保険の受け取り人にもできたはずです。

しょせん、原口アヤ子さんも第3の男か女に操られているのでは。。。? そして、実行犯は他にいるかも? 喉あたりの傷は、犯人がそこを突いて失神させてから、牛の堆肥の中に押し込んだのではないでしょうか?イルミナティの仕業かもしれません。

この時の判決を下した裁判官は 中牟田博章(なかむた ひろあき)だった。
「氷見(ひみ)事件」*で冤罪を確定した裁判官 辞職すべき!


*氷見事件=富山連続婦女暴行冤罪事件
富山連続婦女暴行冤罪事件

富山冤罪事件(=氷見事件)

氷見事件&警察官実名公開:痴漢を憎む田舎者のブログ
富山(氷見)冤罪国賠を支える会:国賠ネットワーク
やはり、富山地裁高岡支部の中牟田博章裁判長に懲役3年の有罪判決を下されたようです!

◎音羽事件 飯田喜信(いいだ よしのぶ)裁判長
飯田裁判長は高木裁判長といっしょに誤判をやった人  辞職すべき!


音羽幼女殺害事件

アレッ、この事件は冤罪じゃないでしょう?

春名ちゃん事件の深層ーー急げ子育ての社会化ーー

ん〜、判決が厳しすぎたということですかね?ある意味では、最近の社会の写し絵のような事件だったとも考えられますよね!

音羽お受験殺人事件

文京区幼女・殺害事件(事件史探求)

加害者・・・山田みつ子

結婚後の山田姓は当然山田タコ系〜夫は、東京の文京区という恵まれた立地の臨済宗の寺の副住職ということからも相当偉いサクソン王族の人なのでは?また、加害者自身の旧姓は分からないけれど、みつ子は、おそらく、サクソン系の名前。特に、光子が多い。なので、おそらく、実家のほうもサクソン系でしょう。(訂正:ヤハウェ系にも、光子、みつ子などの名前の人もいるようですので、これはよく分かりません。済みませんでした。2013.05.03)

被害者・・・若山春奈ちゃん

被害者の母親の名字は分かりませんが、夫の名字が若山というのは、どうも「若」は「若宮貞夫」=「伏見宮博恭王」などにつけられている名前に由来しているような気がしますが。*

*参考
橋下大阪市長と徳川御三家と尼崎事件の深層6

ですから、この春奈ちゃんの父親もサクソン王族の偉い人の家系であり、そうなると春奈ちゃんの母親もサクソン王族の偉い人の家系じゃないかな?そして、可哀想に、殺害された春奈ちゃんも、やはり名前が「春」と「奈」。これも、サクソン王族の名前に多く使われる文字と思われます。春は、オロチョン族(オロ春族)に由来しているような。そして、「奈」は、梶美奈子さんも、そうですし。奈良の都に関係しているのでしょうか?

奈良
「奈良」という名字の由来を教えてください。- Yahoo!知恵袋
「奈良」は朝鮮語で「富士」はアイヌ語か?

蘇我氏や蝦夷族などのヤハウェ王族が築いた「元祖大和朝廷」時代には「飛鳥」(あすか)と呼ばれていたのが、645年のクーデター「乙巳の変」(今、ネットではウソの書かれたブログばかりです)で皇極天皇(新生ヴィーナス=梶美奈子か?)、中臣鎌足(ジョゼッペ)、中大兄皇子(象二郎)などのサクソン王族に征服された。そして、彼らサクソン王族が飛鳥を「奈良」と改名したのでは?


★★★というわけで、「音羽事件」は、超自己中で、競争心も超激しい「サクソン王族」の家系同士で起きた事件!といえそうな気がします。

裁判長の前歴を公表し、訴訟指揮の不当性を問おう!!!(上のビデオの発言)

ん〜、上のそれぞれの事件に関しては、確かに、氷川事件は冤罪だったけれども、福井事件の場合は共犯者が他にもいるような。。。そして、大崎事件は、中村家の兄弟2人と甥の3人は冤罪の可能性がありますが、原口アヤ子さんは冤罪というより、イルミナティの命令でこの事件に加担したけれども、実行犯は他の第3者かも?そして、音羽事件は、犯人の山田みつ子が精神的に追い込まれた原因、つまり、春名ちゃんの母親との確執(かくしつ)や、社会的、家庭的な環境などを考慮した情状酌量があまりなされておらず刑が重すぎるような。

★★★★★とにかく、なんにしても警察・検察の捜査が不十分だったし、裁判の審議も不十分だったということですよね!


というわけで、『裁判長の前歴とか公表する』のはイイことですよね!そうすれば、安易にサタニストたちの脅しにのって悪い判決できなくなりますよ〜、きっと!!!

それから、『訴訟指揮の不当性を問おう』というのも、イイことですよね〜!そうなれば、訴訟指揮がちゃんと行われたかどうかについて、裁判長の責任を追求できますよね!!!


p.s.

上の「冤罪ファイルその8『大崎事件』」の記事を書いたブログ「蟷螂の斧となろうとも」のブログ主の元外資系証券マンさんは、何やら検察のワナにハメられそうになっていたようです。

#検察なう (282) 「本日発売の雑誌FRIDAYにクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件掲載!」 3/22/2013
(サイト内のWikipediaのところをクリックすると詳しい経緯が分かります。動画のところもクリックすると分かりやすく説明しています。また、その下の経緯説明「真実は一つである」のところも、事件の要点が上手く説明されています。)

★★★ とにかく、裁判で勝訴されたので良かったです!!!
[PR]
Commented by Ulala-lov at 2013-05-03 01:43
本文の下の方のオレンジ文字の★★★のところを大幅に訂正しましたので、再読していただければ幸いです。よろしくお願いしま〜す!
Commented by 貧ちゃんママ at 2013-05-08 01:25 x
新宿写真展好調です:にゃんことバーベキュー
http://porkporkpork.blog120.fc2.com/blog-da
te-20130507.html
私も一度小額だけど寄付しましたけど、まだまだ大変なんですね〜
また、寄付だけでもしようかな〜 早く長期のボランティアさんが来てくださるといいですね〜!

ぼくたちここにいるよ (ボランティアスタッフさんのブログ)
http://s2wannyans2.blog.fc2.com
by Ulala-lov | 2013-05-01 18:10 | サタニストの攻撃 | Comments(2)