「兄弟はイイ!」と象二郎は言っていた :尼崎事件との関連(4)

ウィキペディアに事件を詳しくまとめたものがありました!また、他の重要な情報を伝える記事も見つけましたので紹介します。

尼崎事件
目的は、財産の強奪だけではなく、ヤハウェ王族系の由緒ある家系の崩壊、サクソン王族系家系でサタニストたちに従わなかった者や、反抗した者たちへの"見せしめ"(他のサクソン系仲間に対する圧力)のためなどだと考えられます。

また、以下のサイト内容などから推察すると、小学生5〜6年生までの角田美代子は本物で、エリザベス女王たちにその本物の角田美代子は殺され、エリザベス女王が美代子になりすまして、尼崎市内の中学校に通うようになったのかもしれません。

尼崎ドラム缶遺体 息子は溺愛....タレント養成所に 美代子被告の二つの顔

尼崎事件に関するつぶやき
[尼崎事件・要拡散] 角田美代子すり替え説浮上!!「本人は殺され別人になっ...さだ!!!

上の李正則の写真は違っています。おそらく、以前(2〜3年前)、この近所で小一時間(私が外出時に行き帰りの両方の時に同じ場所で見かけたので)、エリザベス女王の親衛隊らしき青年ふたり(20歳代と30歳代くらい)が、30代半ばくらいの"キン肉マンぽい顔"の上下トレーニングウェアの男*に、ちょっと異様な雰囲気で懇々(こんこん)と説教されている様子(まるで司令官に説教されているようで、ふたりはただハイ、ハイとうなづいていた)を見かけました。今から考えると、その説教している男というのが、「李正則」ではなかったかと思われます。(在日朝鮮人と言われればそうかも?みたいな)

* 頭はハゲではなく、丸刈りに近い感じ。唇は「キン肉マン」ほど分厚くないけれど形はちょっと似ていたかも?目もキン肉マンほど大きくはなく普通の大きさですが、目の形とか雰囲気は似ていたような。。。身体もキン肉マンほどガッチリとして大きくはないですが、身長は160〜63センチくらいで、顔も身体も筋肉質そうな感じでした。また、冬でしたが、顔と手の肌の色はやや浅黒い感じでした。

それにしても、これだけ凶悪な事件の副首謀者と考えられる李正則受刑者の判決(この時は「コンクリート詰めの死体遺棄事件」のみか?)が、たったの懲役2年半くらいとは。。。警察・検察、裁判所は、もっともっと真相を調べて、適切な刑を科して欲しいものです!!!

また、角田美代子のことを取り巻きたちが「スミちゃん」と呼ぶこともあったとか。。。寿美花代ただから。。また、わたしが、1998年に社団法人で一緒に勤めていた時も、そこの編集長だった「石井」*や、ボディーガードで在日朝鮮人らしき(すでに日本国籍かも?)「金山」という男**たちが、「〇〇寿美子」(名字を忘れました)こと、エリザベス女王のことを「スミちゃん!」と呼んで崇拝していました。
* (当時50歳代前半、731部隊の石井四郎の息子だったらしい)
** (当時50歳代前半、本人の話では佐世保市出身、川越市在住、妻はニッセイの営業をやっているとか)

この事件が、"単なる気違い女"の反抗ではないことは以下のサイトの記事からも明白です!

尼崎大量殺人事件は予言されていた!角田美代子の背後に在日ヤクザとCIA.....を検証!! - News U.S. イルミナティ・在日朝鮮人崩壊ニュース

『計画はユダヤで、(手下で、)下手人になるのは(逮捕されるのは)ポチである朝鮮人や部落』とありますが、ここでいう『ユダヤ』とは;("うららおばさん" の推測では。。。)

『ユダヤ』=スファラディム・ユダヤ=サクソン王族サタニストたち

「トップ」にいるのは=スメラミコト(男性、一番偉い)やタコたち(上位の神々かも?)男女いるが女性優位で、子分である「神々」を操っている。

「神々」(男女いるが女性優位)=「宇宙人グレイ、グレムリンなどのような脳=<さまざまな動物>と<スメラミコト>の遺伝子をミックスした脳」を移植されたジョゼッペたちや、シバの女王たち。(タコもそうかも?)


ただし、上のサイトでは、「主犯は角田美代子ではなく、『マサ』こと李正則(37歳)という在日朝鮮人だ」と書いてありましたが、それは間違いでしょう!やはり、主犯は「角田美代子」になりすました『エリザベス2世』に間違いないでしょう!!

こうした一家を多数の突撃部隊で襲撃し、家庭を財産を含め丸ごと乗っ取る強盗殺人のやり方は、ドイツのナチス・ヒットラー(ヒットラーはジョゼッペ)の「ナチの突撃隊」*や、それに先駆けて行われていたイタリアのムッソリーニ(象二郎)の率いていた「黒シャツ隊」**と同じようなやり方です。いえ、尼崎事件のほうが親子を敵味方にしている点では、より残忍だと言えるかもしれません。規模としては、もちろん、突撃隊や黒シャツのほうが大きい訳ですが。。。

*突撃隊(SA)と親衛隊(SS)
ナチス(なちす)とは

上のサイト内の下のほうに「突撃隊」の説明があります。「政敵との抗争」というのは、私の推測では、ヤハウェ系王族、つまり、アシュケナージ・ユダヤたちの家々への"尼崎事件のような強烈な暴力" による襲撃と強盗殺人です。さらには、庶民の誰でも被害にあっていたかも?

それから、「突撃隊」の粛正(しゅくせい)後にできた「親衛隊」というのは、突撃隊のような組織を複数創って、突撃隊をさらに強化拡大した組織です!!!


** 『セントアンナの奇跡』特別編〜世界史講義録

上のサイト内の「ファシスト政権とムッソリーニの独裁」のところに、黒シャツ隊の村々(町々)への攻撃の様子が書かれています。


ファシズム恐るべし!!! 
独裁者による全体主義恐るべし!!! 
サクソン王族サタニスト(日本のクロカモも含む)恐るべし!!!

[PR]
Commented by Ulala-lov at 2012-10-29 13:28
済みませんが、ちょこちょこっと修正、加筆しました〜!もう読まれた方は、また、お読みいただければ幸いです。
(28日、午後1時30分)
by Ulala-lov | 2012-10-29 12:11 | サタニストの攻撃 | Comments(1)