大航海時代の西欧〜スペインの新大陸侵略の背景

サクソン王族サタニストたちの中南米征服の究極であった「インカ帝国滅亡」に関して、2012年5月23日に書いた記事*のつづきです。

シバの女王たち&シェバ族:アフリカ〜アラビア半島〜ボルネオ島サバ州〜バイカル湖〜南アメリカ<2>


まず、わたしもまだ視聴していないのですが、下のDVDの内容紹介を読むと、インカ帝国滅亡の経緯もサクソン王族に捏造された歴史だったようです。ぜひ、観たい映画です!

?? 「インカ帝国」滅亡の真実」(DVD)
[内容紹介]
南米・アンデス地方を支配していたインカ帝国。強大な力を誇ってきた帝国は、16世紀に一握りのスペイン人に“あっけなく”滅ぼされたと長い間信じられてきた。しかし、この“史実”が書き換えられるかもしれない。
きっかけは、ペルーのリマ郊外で発見された数々の人骨。骨に残る銃痕や無残な傷跡から、これらがスペイン人の侵略後に起きた戦いで命を落とした先住民の骨だと判明した。基盤を固めつつあったスペイン人勢力と、抵抗を続けるインカ帝国の生き残りの間で繰り広げられた戦いだ。
考古学者、歴史家、法医学者などの研究チームがインカ崩壊の謎に迫る。果たして、インカ帝国を滅亡に追いやったのは誰なのか?最新の研究結果から歴史に隠された真実が明らかになる。


ボルジア家の毒薬〜中世の血塗られた史実〜不思議館

この時、チェザレ・ボルジア(象二郎)とその父「アレクサンドル6世」(=ジョゼッペ=「アレクサンダー大王」だったので、その名にちなんでいるような)は、権謀術数を使い(特に毒殺を多く用いた)、ローマ・カトリック教会バチカンのほとんどの枢機卿たちを故郷のバレンシア* のサクソン王族に変えてしまい、『バチカン』を乗っ取ったのです。ですから、スペインから中南米にやって来たフランシスコ・ピサロ(ジョゼッペ)やカトリック教会の牧師たちはサクソン王族たちだったのでしょう。なぜ、インカ帝国だけでなく、味方のアステカ文明まで滅ぼしたのかというと(味方の原住民を殺害したことになる)、アステカ文明の財宝をスペインに持ち帰る必要があったし、また、新たな方法で再支配したほうが双方に都合が良かったので、アステカの女王(シバの女王)や王(タコ?)とはお互いに事前に了解済みで計画どおりのことだったのでしょう。

* * バレンシア(スペイン)
バレンシア(市)の紋章を見ると、冠の上に "コウモリ" が乗っています!!!
13世紀〜18世紀の間くらいは『アラゴン王国』の一部を構成していた「バレンシア王国」だったのだそうです。アラゴン王初代のハイメ1世は、またまた象二郎ですよ〜(肖像画なのでかなり美男子に描かれているような。。。まあ、身体のほうは子孫なので奥さんが美人ならハンサムな子も生まれるかも?)

また、アレクサンデル6世もチェザーレも、自分たちの評判が甚だしく悪いのも百も承知で悪事を重ねていたんでしょうから、やること全てやったら、もう要はなく後は逃げるだけ。。。だけど、人々がキリスト教への信仰心を失わせないように(せっかくヴァチカンに自分たちの側の枢機卿を揃えたんですから)、人々に自分たちの悪行に対するうっぷんバラしをさせさせるため、派手にひどい死に方を演出しようと画策! まず、ジョゼッペが自分の替え玉か、クローンを恐ろしい病気にして奇怪な姿で死なせ、次に象二郎も同様に替え玉かクローンと入れ替わり、その人物をメチャクチャ刺されて戦死させるように仕向けたんでしょう。こんな酷い死に方をさせられる替え玉やクローンのほうも気の毒ですネ!しかし、これで人々は「罰(バチ)が当たった!」と、きっと清々するはずです!サクソン王族サタニストたちって、よ〜く人心を研究してますよね〜!(感心する話ではないけれど)

*<< チェザレ・ボルジアとその周辺 >>*

ボルジア家の人々 人物紹介
(ボルジア家の人々が行った残虐行為に関してはかなり寛容な説明で、お茶を濁していると理解したほうが良さそうです。しかし、当時の彼らが起した事件の内容などについては、かなり詳しく書かれていますので、とても参考になります。)

肖像画
(チェザレ・ボルジアをレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたスケッチを見ると、英王のヘンリー8世やエドワード7世に似てますよね!? アレクサンデル6世の肖像画は、上から2番目のがよく似てると思います。オオカミ系の顔ですね〜!)

チェザレ・ボルジア(自分の子孫の身体に脳手術で入れ替わった象二郎)はアラゴン王国の出身で、そのアラゴン王国の王フェルディナンド2世* は、下の写真を見るとどうも象二郎やジョゼッペ、シバの女王たちの子孫のような感じですね〜。

* フェルディナンド2世
(1452〜1516年、在位1479〜1516年アラゴン王、カスティーリャ王、レオン王)
このフェルナンド2世は、ウィキを遡(さかのぼ)って調べてみると、母親がサクソン王族の血筋を引いているようです。

それから、当時のイタリアの「ナポリ王国」は、「アラゴン王家」が統治していたようです。

ヴァティカン地図

ボルジアの塔、ボルジアの間、ボルジアの中庭とかあります〜!あんなに悪名高いのになんででしょう〜?
ボルジアの間 地図
A.B.Cのそれぞれの解説を読むと、アレクサンデル6世がヴァチカンをいかに私物化していたかが分かります!


アレクサンデル6世(ローマ教皇)

「1500年は聖年(巡礼者に"特別の赦しを与える"とした年)であったため、多くの巡礼者がローマを訪れ、多くの巡礼者が贖宥状(しょくゆうじょう=免罪符めんざいふ)を購入し購入し、教皇は多くの現金収入をを得た」とあります。宗教上やってはいけないことをやっていたのも彼ら(ジョゼッペ&象二郎)だったんですね〜!

贖宥状

最初に贖宥状の販売を始めたのは「ボニファティウス9世」だったとか。

ボニファティウス9世(ローマ教皇)

この人の顔って、タレントの故「いかりや長介」(=藤間家の前当主:多分、亡くなってないかも?)に似てませんか?!この教皇はナポリ王国(アラゴン王国の領地)の生まれです。また、資金集めには手段を選ばずという人だったようです。この人も何万年も生きているサクソン王族サタニストですかね〜!

宗教改革用語
1517年ドイツで贖宥状を販売

ブランデンブルク選帝侯国

ブランデンブルグ=プロセイン時代の選帝侯・プロセイン公って、神聖ローマ。。

独逸の鷲は成り上がり51
(チュートン騎士団の団長がアルブレヒトだったのですね!)

扮装好きな二人のアルブレヒト

上のサイトの肖像画を見ると、アルブレヒトは、ちょっとアフリカ系の顔ですね。ライオンを飼っていたみたいですね。アビシニア帝国(エチオピア帝国をもとに8世紀以降にはアフリカのほぼ全土とアラビアにまで広がっていた大帝国)と関係ありそうな。。。それにしても、部屋の煖炉バンバン焚いていたんですね〜!
[PR]
Commented by pippi at 2012-06-03 20:00 x
ブログ「桜井よしこ」より
2012-05-31「対中柔軟外交に見るベトナムの強さ」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/05/31/%e3%8
0%8c%e3%80%80%e5%af%be%e4%b8%ad%e6%9f%94
%e8%bb%9f%e5%a4%96%e4%ba%a4%e3%81%ab%e8
%a6%8b%e3%82%8b%e3%83%99%e3%83%88%e3%8
3%8a%e3%83%a0%e3%81%ae%e5%bc%b7%e3%81%9
5%e3%80%80%e3%80%8d/

ベトナム基本情報
http://www.arukikata.co.jp/country/asia/VN_general_1.html
ベトナム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88
%E3%83%8A%E3%83%A0

現在は、共産主義だし、近年はフランスのナポレオンことジョゼッペたちに振り回されてきたようだけど、太古からの歴史をたどれば、先住古民族「ベト族」はシュメール系と親和性がよい民族のような。。。
Commented by pippi at 2012-06-03 20:02 x
(つづき)
それにしても、紀元40年頃の「徴(ちょう)姉妹」*(徴税の意か?)とかって、マリエ・ペルギアとマリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズのシバの女王のお二人さんみたいなんだピ〜 アレ〜英雄にされてるですか〜 @@; ちょうど、当時は、中国のシュメール系「漢」王朝の勢力下に入っていたので、それを面白く思わないシバの女王たちサクソン王族たちが、ベトナムの民から税金を横取りしようと企んでいたんでしょうね〜。でも、この反乱は失敗しちゃったので良かったですピ!もし成功していたら、きっと、漢王朝よりず〜っと多くの重税を取ったり残虐なことをして民を苦しめていたこと間違いないですピ!

* 徴姉妹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%
B4%E5%A7%89%E5%A6%B9
Commented by pippi at 2012-06-03 20:05 x
2012-05-17「『報道されない沖縄』が描く真実」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/05/17/%e3%80%8
c%e3%80%80%e3%80%8e%e5%a0%b1%e9%81%93%e3%8
1%95%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e6%b2%96%e7
%b8%84%e3%80%8f%e3%80%8d%e3%81%8c%e6%8f%8f%e
3%81%8f%e7%9c%9f%e5%ae%9f%e3%80%80%e3%80%8d/

サクソン王族たちの「”日本沈没”させる作戦」の一環のような〜〜〜
*紹介されている本:宮本雅史著「報道されない沖縄」角川学芸出版

2012-05-26「国民の力で全離島を守り日本国の領有を示そう」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/05/26/%e3%80%
8c%e3%80%80%e5%9b%bd%e6%b0%91%e3%81%ae%e5
%8a%9b%e3%81%a7%e5%85%a8%e9%9b%a2%e5%b3%b
6%e3%82%92%e5%ae%88%e3%82%8a%e6%97%a5%e6%
9c%ac%e5%9b%bd%e3%81%ae%e9%a0%98%e6%9c%89%
e3%82%92%e7%a4%ba%e3%81%9d/

まったく、中国共産党には「油断も隙もないですピ!」シバの女王やジョゼッペやタコたちらしく、恥ずかしげもなく、”どろぼう根性”まるだしで、少しづつ少しづつの侵略していくつもりなのですぅ〜。
Commented by pippi at 2012-06-03 20:06 x
(つづき)
私たちも日本の離島を守るためにやれることは何でも少しずつやっていきましょう!そして、今回の東京都の取り組みを応援するだっピ!!

2012-04-26「官邸でヒアリング『女性宮家』への私の問題意識」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/04/26/%e3%80%8c
%e3%80%80%e5%ae%98%e9%82%b8%e3%81%a7%e3%83%
92%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%8
0%8e%e5%a5%b3%e6%80%a7%e5%ae%ae%e5%ae%b6%e3
%80%8f%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%a7%81%e3%81%ae%
e5%95%8f%e9%a1%8c/

日本の伝統ある天皇制度は男系継承なんですから、それをわざわざブッ壊して女系天皇制にすれば、『シバの女王』たちみたく〜、”恐〜い女王”たちがたくさん登場して、日本のみならず、世界をますます脅かし暗黒のハルマゲドンにさせるやもしれませぬ!すでに、最近ヨーロッパで女系の王位相続が次々に承認されているのはナンデか〜?それはね〜、この「女性宮家創設案」というのは”シバの女王を増やすため”のタコを含めたサクソン王族純血種たちの陰謀だから〜ざんす〜 
Commented by pippi at 2012-06-03 20:06 x
ということで、それを推進している人たちってのはみなサクソン王族派の売国奴たちに決まっているんですぅ〜 女系天皇論の中心人物とかいう園部(元最高裁判事)は、名字からしてプヨの貴族でしょ〜 だからね〜「女性宮家創設=女系天皇による皇位継承」なんざ、絶対反対ですっピ!! ーー*
Commented by yosaku at 2012-06-04 21:00 x
「自衛隊」幹部に浸透する信徒100万「顕正会」
http://www.asyura2.com/0406/senkyo5/msg/149.html

こんなカルト宗教に国家公務員である、しかも国を防衛する立場にある自衛官が多数入信しているなんざ〜 職務への背信行為だ〜 服務規律をもっと厳しくしてカルト宗教禁止にすればいいんじゃねえか〜!

陸上自衛隊が極秘に作成した宗教リスト.......  :2001/4/15サンデー毎日
http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-entry-495.html

陸上自衛隊が極秘作成した『対カルト組織防衛まにゅある』
:サンデー毎日1/30
http://www.kamiura.com/chuu15.html

陸上自衛隊といえば、従来から戦争好きなサクソン王族たちが幹部に登用されてきた旧日本陸軍の流れを汲んでいるらしいから、カルト好きなジョゼッペやシバの女王やタコ様たちサクソン王族たちが、自衛官幹部たちに積極的にカルト宗教に入信するように勧めているとも考えられるな!
Commented by yosaku at 2012-06-04 21:02 x
トップの誰か率先して徹底的な内部改革を勇断しない限り、日本の自衛隊、特に陸上自衛隊はまともにならないし、いつまでたっても、サクソン王族たちの言いなりじゃあな〜? いざって時に国民を守ってくれるなんてこと全く期待できねえゼェ〜! そんじゃあ、多大な税金を使って、いったい何のために自衛隊は存在するんだって話さ〜

東富士演習場違法射撃事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%AF%8C%E
5%A3%AB%E6%BC%94%E7%BF%92%E5%A0%B4%E9%
81%95%E6%B3%95%E5%B0%84%E6%92%83%E4%BA%
8B%E4%BB%B6

まじめに宗教熱心な自衛官幹部なら自衛隊の宴会にストリッパーなんて呼ぶかあ???

富士大石寺顕正会(ふじたいせきじけんしょうかい)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E5%A3%AB%E5
%A4%A7%E7%9F%B3%E5%AF%BA%E9%A1%95%E6%
AD%A3%E4%BC%9A
Commented by 青森のカッペ at 2012-06-04 21:14 x
yosakuさ〜! そげな偏向思想をもっちょる自衛隊員たつさ〜 自衛隊に置いておくのは危険ダベ〜 そったらもんさ、就職支度金出すてでもの〜 み〜んなきれいに解雇さすて〜さっぱりすたがエエべ〜
Commented by ハッチャ!メッチャ! at 2012-06-06 15:59 x

あ〜、ブッたまげた〜!夕べ、NHKのラジオ聞いとったら、宮崎放送とかいう地方ラジオ局の紹介してたんだな。聞き流してたんだけど、女性のアナウンサーの声を聞いとったら、なんだかシバの女王のひとり、マリエ・ルイーズ・ユージーン・ビアーズの声
みたいだったんでビックリしたなもう〜!! 耳すましてよう聞いとったらやっぱりそうや!原田知世をちょっとおばさんくさくしたような声だし。松本伊代の声をもっとおばさん臭くしたような声だし。でも、飯星恵子の声にもやっぱ似とるし〜 写真見たら(拡大してみ〜!)、だいぶ厚化粧して変装してるみたいやけど、背が低い(155センチあるかないかぐらい)ところもピッタリだ!
NHK:亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり
2012年6月5日ON AIR
第3回 宮崎県MRT宮崎放送「GO!GO!ワイド」
http://www.nhk.or.jp/kame/outline/20120605.html

ホッペタわざとふくらましてるな〜! なんかホッペタに入れてるんだろ!それとも顔と同色のシリコンをホッペタに張りつけてるかだな〜!耳の上くらいのホホからやけに膨らんでるからな〜。それにしてもよう化けるな〜 
Commented by ハッチャ!メッチャ! at 2012-06-06 16:49 x
宮崎のラジオ放送に出演して、宮崎のマスコミや政財界人たちなど重要人物たちと親しくしているのは、やっぱり、卑弥呼の君臨していた日向(ひゅうが、=邪馬台国かな?)時代からのつながりか?卑弥呼がマリエ・ペルギアで、その娘としてマリエ・ルイーズが磐余彦(=イワレヒコ)と結婚して、「『偽-神武天皇(=イワレヒコ=象二郎)』の東進」が始まり、「元祖大和朝廷」を倒して、新「大和王朝」を開設したということみたいだし。
Commented by pippi at 2012-06-08 00:03 x
「警察と機動隊が市民を弾圧-6/4細野大臣の福井訪問/大飯原発再稼働」
2012-06-05 blog「カナダde日本語」より
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3438.html

原発の安全性も不確定なまま再稼働を強引に進めることはSF「日本沈没」以上の日本破滅、つまり、遅かれ早かれ日本人ほとんど全員の死滅につながります!また例え少数生き延びた人たちがいたとしても遺伝子に奇形が生じるなどの恐れがあります。今、日本がサタニストたちに一番狙われているのです。なのに、原発が再稼働すればサタニストたちは待ってましたとばかりに絶対にまた狙ってきます!つまり、原発が再開されれば、また第2の原発事故が起きる可能性は非常に高いということを認識する必要があります。どこの原発であれ、絶対に再稼働させないようにしましょう。ですから、政府や福井県知事、関西電力には「大飯原発再稼働 絶対反対!」の旨をシッカリと伝えなければなりません!みんなで電話やメールやファックスを送りましょう!
Commented by pippi at 2012-06-08 00:04 x
また、警察の横暴には折にふれちゃんと抗議しておかないと今後警察の横暴はますますエスカレートしそう!これもまた、しっかりと電話やメール、ファックスなどで抗議しておきましょう!

情報の拡散をお願いしますピ!
by Ulala-lov | 2012-05-27 12:06 | サタニストの攻撃 | Comments(12)